メニューホーム

VMD CONSULTING Oval Link

生活者と企業を「快場」で結ぶ。

リモデル(店舗改装)・リバイス(売場改善)

リモデル(店舗改装)とは、お店や売場をコンセプトから変えることをいいます。お店を新業態にする、実験店をつくる、売り方を根本から変える時に活用します。長期的、実験的であり、ブランディング、マーケティング要素がVMDに関わって来ます。高度で専門的なVMDが必要で、会社横断してのプロジェクトになります。

リモデル(店舗改装)のベースにある考え方は、プロトタイピングです。成功するプロトタイプの店舗や売場をつくり、水平展開をしてチェーン化することに意義を見出します。

一方、リバイス(売場改善)は、売場を再編集することを指します。長くて1日で済み、短時間でできます。リバイス(売場改善)は52週MDカレンダーがベースにあり、MDPシートと呼ばれる指示書をつくって、短期間で売場を変えるのがメイン業務です。数時間から1日ででき、VMDインストラクターが各店を回って指導します。

お店にとって、リモデルとリバイス、どちらも大切ですが、リモデルがないと、いつまでたってもお店は同じ売り方です。時代についていけません。
リバイスがないと、いつ行ってもお店の雰囲気は同じに見えます。ワクワク感は失せ、つまらない店になってしまいます。

リモデル(店舗改装)
リモデル(店舗改装)
「リモデル」(店舗改装)は、これからチェーン展開してようとしている小売事業のモデル店舗構築サービスです。すでにチェーン展開している法人様は、店舗の見直しと高収益体制に移行するためのショップ・リブランディングとなります。 また、メーカー・卸様にとっては、小売店内自社ブランド・コーナーの売場再構築を図るサービスになります。 単なる改装と違って、ブランド売場のコンセプトから商品構成、ゾーニングを経て、展.... 詳しくはこちら »
リバイス(売場改善)
リバイス(売場改善)
「リバイス」(売場改善)とは、売場の再編集のことです。期のタイミングに行う売場の変更のことです。アパレルの場合は52週の期ですが、業種・業態・取扱商品により、期は変わります。季節や生活様式などをテーマを売場を変更していくので、いつも新鮮な装いを売場に与えてくれます。 当社の業務では、店舗診断や現場研修の際に行うことが多いのですが、リバイス(売場改善)の目的はなんでもかまいません。 詳しくはこちら »