メニューホーム

VMD CONSULTING Oval Link

生活者と企業を「快場」で結ぶ。

吉野 なおみ さん

吉野 なおみ さん

VMDを勉強するきっかけは、どのようなところから来たのでしょうか。

私はマネキンメーカーに就職し、デコレーションやディスプレイデザインの経験を経てその後独立、プランニング&ディスプレイ「Witch(ウイッチ)」というオフィスを構えました。百貨店やファッションビルのウインドウや専門店などのVMD全般の仕事に長年携わり、経験を積んできました。

Witchは、「表現」に関することならなんでも行うことを身上としています。ディスプレイデザインは元より、オブジェ制作やPOP制作、フラワーアレンジメント、テーブルコーディネート、インテリア・スタイリングなど、できることはおおよそこなします。必殺仕事人のお加代だと思ってください。依頼されたら、まず断りません、なんでもこなしますよ。(笑)

さて、もともとVMDは仕事の中核でしたが、最近「VMDの講師をしてほしい」という依頼がありました。今までVMDの実務をしてきたものの、きちんと系統立ててVMDを教えたことはありませんでした。本を見直したりしましたが、これというものがなく、ネット検索で貴社のことを知り、売場塾を受講しました。

売場塾はいかがでしたでしょうか。

いろいろな業種の方と交流できるのがいいですね。実際に関西の方とお知り合いになり、仕事をご一緒する縁にも恵まれました。 VMDの学問は幅広く、自分のレパートリーも増えました。VMDセミナーやディスプレイコンテストの審査など仕事のボリュームが上がってよかったと思います。また、卒業してからも、VMDのこと、仕事のこと、いろいろ相談にのっていただいたので、本当に心強かったです。これからも、売場塾は背中を押してくれる存在であり続けてほしいと思っています。

只今ディスプレイ制作中
只今ディスプレイ制作中

VMDインストラクターとしてのスキルは、どのようなところに生かそうと思っていますか。

セミナー講師はもちろんのこと、店舗診断などのコンサルティングも行っていきたいです。特に、卒業してからのVMDセミナーは、自分にとって貴重な経験になりました。

趣味で唄三線をしているのですが、VMD講師として教壇に立つということは、舞台で演奏しているかのようです。観客である受講生の顔が見られるので、ライブ感がとてもあります。関西の方は“笑い”が日常に染み付いているので、講義にメリハリをつけて、途中笑いで盛り上げるとか、ジェスチャーを加えて身振り手振りして講義するとか、場の雰囲気を大切にしています。例えば、プライベートでの買い物実体験の談義をしたり、ゴールデンゾーンって本当に商品を取りやすいか壇上で実験したり・・・と、講義方法をあれこれトライしています。うまくいった時って受講生の目が輝いているのがわかるので、こちらもうれしくなります。

VMDセミナーでは、POPやカラーも取り入れましたが、今後もカリキュラムのバリエーションを増やしていきたいです。受講生もアパレルや雑貨だけでなく、幅広い業種にあったカリキュラムを開発していきたいです。

VMDインストラクター吉野さん